読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GREEN ZOO RECORDS 社長ゆうぴーの園内清掃日記

GREEN ZOO RECORDS(グリーンズーレコーズ)の社長ゆうぴーが、フツーの人より少〜しだけ忙しい日常をつづります。

【 ナナイロプラン(藍盤)】 監修人ご紹介(れぼ哲 “髙鍋哲弘” )

ナナイロプランは2013年より GREEN ZOO RECORDS のライフワークとして進めさせていただいておりますが、たくさんの方のご厚意によって只今6枚目までが完成し発売中です。長い時間がかかっておりますが皆様本当にありがとうございます。最後の一枚は現在製作中。少し進行は遅れておりますがしばらくお待ちください。

当ブログでは今回より2014年7月に発売となりました藍盤の監修人および収録アーティストの紹介をさせていただきます。藍盤、監修はれぼ哲さんです!

  

f:id:greenzoorecords:20150125180027j:plain

れぼ哲(髙鍋哲弘) プロフィール


1973年、福岡市にて誕生。小学生の頃に歌謡曲が流れるテレビやラジオを視聴しながら自然に音楽に興味を持つようになる。中学生になると洋楽へ興味は移り、ギターを演奏し始める。

大学卒業後、一年間の本格的なバンド活動経験した後に様々な職を転々とする。工事現場での仕事が主だったが三十歳を過ぎた頃、どうしてもステージでギターを演奏したいという衝動を押さえきれずに仕事の傍ら再び一からギターを弾き始める。昼間の仕事で家族を養いながらも音楽を仕事にしたい欲求と現実との狭間で揺れていたある日、ミュージックバーの運営を任されるという転機が訪れ、天神親富孝通りの『御縁屋 “MUSIC PUB 二階店”』のマスターに就任する。

「れぼ哲」は高鍋氏の愛称であり、「れぼ哲」の「れぼ」は自身の人生観を表した「rebel(反逆者、反抗者)」という英語から取ったものである。しかし、反逆者や反抗者といったマイナスなイメージとは裏腹に若者から年輩まで幅広く支持される人柄には定評があり、自身が運営する『御縁屋 “MUSIC PUB 二階店”』も音楽を愛する者達が集う憩いの場として、単なる酒場の枠を超えた店として機能している。

『御縁屋 “MUSIC PUB 二階店”』はれぼ哲氏の手作り大工仕事でステージや客席等を拡張しており、オープンより三年たった現在も店内の設備は日々グレードアップしている。始まった頃何も無かった店内はれぼ哲氏の手によって快適にバンド演奏できるまでに改造され、顧客満足を高める工夫が随所に見え隠れする。『御縁屋』はれぼ哲氏が運営する“二階店”とオーナーが運営する“一階店”があり、音楽が好きな人もそうでない人も年齢問わず気軽に入れてファンが多い。

柔軟ではあるが情熱的。そんな高いバランス感覚を持ち合わせた一人の音楽人として、れぼ哲氏は福岡音楽シーンにとって今や大変貴重な存在である。
 

 

 

藍盤は超若手から超ベテランまでが集う一聴するとミスマッチで何度も聴くとこだわり具合がわかる面白い一枚です。ぜひお買い求めください。

 

ではまた! 

 

※ナナイロプラン(橙盤)は御縁屋 “MUSIC PUB 二階店”、グリーンズーレコーズ、スタジオ501にて絶賛発売中です。その他のご購入・販売などのお問い合わせ先はお手数ですがスタジオ501のメールアドレスまでお願い致します。

naganoonkyou@gmail.com(担当:長野)

f:id:greenzoorecords:20150125180039j:plain